製品案内 歯車面取盤 ラック転造盤 転造盤 成形機 研削盤 チェッカー ブローチ盤
TFG-100NC | TFG-300NC | GP-300NC | GP-1A | 4軸CNCデバリングマシン | PRG-1NC
| TPG200NC・TPG-500NC | DSM-460 |

 歯車面取盤

3軸NC歯車面取盤

本機は加工物をV受にセットすると自動ローディングされ、あらかじめセットされたプログラムにより全自動で鋭角側歯端の転造面取を行なうと同時に歯端のカエリおよびバリをスプリング式ローラーカッターで除去する機械です。

特長

本機は、シャフト物の多段ヘリカルギアの鋭角側歯端の転造面取を高能率で加工できます。

  1. ワークドライブ方式を採用。 センサーによりギヤーを自動で割り出し、カッターとの噛合いをスムーズにした。
  2. NC化により切り込み位置ストッパーが不要。
  3. スティションタレットカッターヘッドの採用で、ギア諸元の違う4種類のギアの加工で可能。
  4. 切り込み位置が自由にセットできる。
  5. ワーク変換によるカッターの取り換えが不要。
  6. スプリング式バリ取りローラーは、ローラー幅を3段階に開くため、歯幅の違いが3種類段取り換えが不要。
  7. 両センターによる治具はオンリーワークも可能。

仕様

  1. 面取りモジュール  1.5〜4M
  2. シャフトの長さ最大  400mm
  3. X軸ストローク  200mm
  4. Y軸ストローク  160mm
  5. Z軸ストローク  350mm
  6. NC装置  FANUC OM