製品案内 歯車面取盤 ラック転造盤 転造盤 成形機 研削盤 チェッカー ブローチ盤
GTI-1AB(H) | GTI-1AB

 チェッカー

ギヤーチェッカー

《ギヤーチェッカー》 ワーク搬送をシュート方式にすることにより、サイクルタイムを12秒と短縮し、さらに2ライン同時連続運転することにより、サイクルタイム6秒としました。
《バニッシャー》 本機は、駆動ギヤー(プレスギヤー)とフリーギヤー、ブレーキギヤーの噛み合わせにより60μの打痕を20μ以内に取り除くことが出来ます。

仕様

  • ギヤーチェッカー部
    • サイクルタイム 6秒以内
    • 測定速度 OBD/5μ以内
      打痕/5μ以内
      偏心/5μ以内
      内径/3μ以内
      端面振れ/5μ以内
      ※ワークと同一諸元のワークマスターを繰り返し測定し表示値のばらつき幅
    • 測定値 マスターギヤー、治具などの振れを加味されたもの
    • 使用空気圧 4kg/cm2
    • 本機重量 2ton(本機重量明記)
  • 判定項目
    No. 判定 備考
    1 NG(TOTAL) OBD・打痕・偏心・内径・端面振れ
    2 OK(TOTAL) OBD・打痕・偏心・内径・端面振れ
    3 NG OBD
    4 OK OBD
    5 NG 打痕
    6 OK 打痕
    7 NG 偏心
    8 OK 偏心
    9 NG 内径
    10 OK 内径
    11 NG 端面振れ
    12 OK 端面振れ
    打痕・歯振れ・OBD
    →合否判定部
    内径・端面振れ
    機能:マスターギヤー噛合わせワークを判定
    表示:操作盤
    判定:OK・NGの出力
    OK=トータル表示(G)
    NG=各測定部表示(R)
    運転モード 自動運転:スタートボタンを押すことにより一連の機能を判定する
    手動運転:一連の動作を各モードにて行なう
    噛合い装置部 マスター軸:1軸×2列
    測定回転数:5〜50rpm
    測定単位:各項目ともにミクロンにて表示
    駆動モーター:オリエンタル(2軸)
    回転方向:正転(1方向)
    測定箇所洗浄:エアーブロー方式
    搬送部 シュート方式
    部品選別部 ゲート方式、ワークプール(OKストッカー・各NGストッカー)
    マスターギヤクランプ テーパー方式
    ワーククランプ 内側ジェット・差し込み式
    占有床面積 縦1400×横1200×高2000
    (ワークテーブル含む)
    環境温度 0〜+45℃
    電源電圧 200V/100V

  • バニッシャー部
    本機は、駆動ギヤー(プレスギヤー)フリーギヤー、ブレーキギヤーの噛み合わせにより20μ以内に取り除くことが出来ます。
    • 噛合い部 2ライン 同時連続運転
      プレスキャスト:1軸×2
      プレスキャスト:1軸×2
      プレスキャスト:1軸×2
      駆動モーター:オリエンタル60W×2
      回転方向:正転(逆転)(2方式)
      洗浄:エアーブロー
    • サイクルタイム 6秒以内
    • 電源電圧 200V/100V
    • 使用空気圧 4kg/cm2
 

バニッシャー部
 

ギヤーチェッカー部